猪名川町 蛍 2018

自然豊かな猪名川町は昔からこの時期たくさんの蛍を見ることができます。

蛍の撮影についてたくさん質問をいただいているので、初めての方用に下にまとめておきます。

毎年家族で見に行くことが楽しみの一つです。
家周辺でもいるのですが、より多くの蛍を見るには車で10分くらい走ります。

そこで撮影したのがこれ。

クリックで拡大します。


4K高画質動画

スマホで見やすい(縦動画全画面表示で見てください。)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【はじめての蛍撮影】

マニュアル露出機能(シャッタースピード・絞りが調整できる機能)があるカメラと三脚があればカンタンです。
時間はまだ明るい18時くらいから撮影場所など決めて三脚をセッティングするのがオススメ。

準備ができたら蛍が現れるまで、カエルの合唱でも聴きながらのんびりしてください。

今回の写真設定は以下です。
よくわからなかったらこの通りに設定すればOK!
【シャッタースピード】 10秒
(10秒間に1枚の写真を撮ります。つまり、その間カメラが1mmでも動くとブレた写真になるので三脚が必要です)
【ISO】800
(上げすぎるとノイズが出ます。)
【絞り値】F5.6

インターバル撮影ができるカメラの場合は昨日アップしたような動画に編集したり複数の写真を1枚に合成したりすることができます。
上記の設定だと10秒ちょいおきに自動で次々撮影してくれます。
蛍の数にもよりますが今回たくさん飛んでたので10分くらい撮ればOK!
後から動画や合成写真にできます。

蛍とか星とか光が弱いものを撮影するときにはシャッタースピードを遅めにしますので三脚を使用してください。

スマホの場合は「夜撮カメラ」など夜景撮影用のカメラアプリと三脚で近いものは撮れます。

初一眼レフカメラ買ったけど、まだ蛍撮ったことがない方、参考にして頂けたら幸いです。

マナーを守って、
地元の方と自然に感謝して、
ぜひ楽しんでください!

関連記事

  1. 小さな子ども達の映像制作

  2. こないだ買った、 Wacomのペンが付いたペンタブレット。

  3. 「保護されていません」と赤字で警告!検索ランクは下がる!?あなたのページ、対応大丈夫ですか?

  4. 息子を連れて車屋さんに行ってみた。

  5. ドローンによる空撮

  6. ケーキ・洋菓子等の写真撮影

  7. ホームページ制作後のアフターサービス

  8. 編集長をやってます。

  9. くるくるーーと回るハイエンドマウス、 ロジクールの「MX ERGO」購入!